スマホで減額診断したら・・借金の無い生活に戻れました。

(無料)あなたの借金が無くなるか1分でコッソリ診断

※匿名利用可・まわりにバレずコッソリ利用できます。

カードローン地獄の原因は借金癖!借金地獄から抜け出す方法は?

更新日:

近年カードローンで収入以上の借入をして借金地獄に陥る人が急増しています。マイナス金利で消費者金融より借りやすくなった銀行カードローン。年収の3分の1以上という過剰貸付を行い続けた結果、カードローンの返済地獄から抜け出せず、借金まみれでクビがまわらなくなり、債務整理をおこなう人が増え続けています。

これはカードローンという商品の特性も関係していますが、女性がカードローン地獄に陥る例も増えていますね。この記事では借金まみれになりやすいカードローンの危険性や借金地獄の抜け出し方について詳しく解説します。

[toc]

カードローンで簡単に借金地獄に陥る理由

カードローンは用途を問わず申し込めますし、専業主婦や年金受給者でも審査に通りやすかったために利用者は急増しました。ATMでお金を引き出す様に借り入れできる利便性から借金地獄に苦しむ人が増えたと言えます。

いつでも、すぐに借りれる便利さがカードローンのメリットですが、同時にそれが借金癖がついてしまうというカードローンのデメリットでもあるのです。

カードローンで借りたお金は借金であるという感覚が希薄になりやすく、まるで自分の銀行口座からお金を引き出すような感覚のままお金を借りてしまい、無計画に借金をしてしまって気付けば借金地獄に・・・という人が多いのです。

複数のカードローン契約ですぐに多重債務の借金まみれに

複数のカードローンを契約している多重債務者が多く、カードローンの限度額が増えていくことを、「お金持ち」になったと勘違いしてしまって「少しくらいならば借りても問題無いだろう」と、どんどん無駄遣いをしてしまい借金まみれになるのです。

何より何枚もカードローンがあると「カードローンの返済を他のカードローンで行う」という負のスパイラルに陥り、多重債務から抜け出せなくなります。

多重債務に陥り、自転車操業で返済ができなくなると、また新たにカードローンを契約して返済しようとしますが、ローンの返済地獄が始まると破綻するのは時間の問題です。

生活費の支払いでカードローンを利用するとかなりヤバい

借金まみれでお金が無くなると生活苦のためにカードローンを利用しはじめますが、毎月の固定支払いが収入を上回ってしまうと返済地獄に陥り、破綻します。

「一回だけならばいい」と思って生活費のためにカードローンを利用してしまうと「生活に困ったらカードローンを使って凌げば良い」と勘違いが起こり、借金に借金を重ね、しなくてよい借金を繰り返します。

生活費の支払いでカードローンを利用しはじめたら要注意です。

銀行カードローンが問題視されて自主規制に

2017年より銀行カードローンの過剰融資が問題視され、銀行カードローンの債務者のうち、年収の3分の1を超える額を借り入れている人が全体の52%にのぼることから、総量規制の対象外であることが抜け穴となっていることを指摘されています。その事を受けて、2018年からは銀行カードローンの即日融資が廃止され、融資審査の厳格化が行われます。

今後はカードローンの新規契約が簡単にできなくなるだけではなく、既存の利用者も再審査が行われ、厳しい審査基準に満たない方は解約させられることも懸念されています。

日本弁護士連合会によると、同連合会に相談した銀行カードローンの債務者のうち、年収の3分の1を超える額を借り入れている人が全体の52%にのぼることがわかった。消費者金融など貸金業者には年収の3分の1までしか貸せない総量規制があるが、銀行は対象外。日弁連はこれが「貸し過ぎ」の要因になっていると指摘している。

同連合会が8月に実施した「全国一斉銀行カードローン問題ホットライン」の電話相談351件の結果をまとめた。年収の3分の1を超えて借り入れている人のうち、年収の8割以上の金額を借りた人は11%、収入がない人も4%いた。
銀行カードローン借入額、「過半数が年収の3分の1超」 日弁連調査

クレジットカードのリボ払いも返済地獄に陥りやすい

クレジットカードのリボ払いも慣れてしまうとすぐに借金まみれの借金地獄に陥ります。

クレジットカードのリボ払いを利用すれば高額のショッピングをしても毎月の返済額を抑えることができるため、自分の収入に見合わない、身分不相応な買い物をしてしまうのですが、リボ払いは金利も高く返済期間が長引くためにトータルで見たら返済額は通常よりも大幅に高くなってしまいます。

カードローンもリボ払いと同じく返済額を毎月一定に抑えられますが、だからこそカードローンはリボ払いと同じような危険性があることは理解しておきたいところです。

借金癖がつく原因と、自転車操業の怖さ

借金地獄に陥る人は例外なく借金癖がありますが、一度ついてしまうと借金癖を直すのは困難です。

カードローンやクレジットカードで手間なくお金が得られて幸福感を感じる人もいますが、これは脳内物質であるドーパミンが影響しているとも言われます。何度もお金を借りているとその感覚が忘れられなくなって借金癖がついてしまうこともあるのです。

カードローンは借金癖を助長する性格がある事は知っておきたいところです。カードローンは便利で身近ですが、それだけカードローンを持っていると借金しやすくもなってきます。

借金は本当はかなり深刻な問題なのですが、カードローンの利用になれると借金がなんでもないように思えてしまうことも怖いところです。

カードローン地獄から抜け出す為のアドバイス

カードローン地獄に陥り借金まみれになってしまったらどうすればよいのでしょうか。これは深刻な問題ですが、抜け出す方法がないわけではありません。ここではカードローン地獄から抜け出す為の現実的な方法について解説していきましょう。

必ず家計簿を付ける

借金地獄から抜け出す為に家計簿を付けることは基本中の基本です。どのくらい収入・支出があるかわからないという人はまずは家計簿をつけて支出入関係を明確化してみると良いでしょう。

こうすることで給料をどのくらい返済に充てられるかも明確にわかるためカードローンの返済計画も立てやすくなりますし、余計な不安も家計簿をつければなくなってきます。このようにカードローン地獄から抜け出す為にはまず、家計簿をつけるという習慣を付けることから始めましょう。

浪費癖・借金癖を直す

浪費が原因で借金まみれになる人が殆どです。浪費癖を直さないとカードローンを返済し終えても、また借金をして浪費するなんてことにもなりかねません。

浪費癖を直すには「必要品以外は絶対に購入しないようにする」とルールを定めることや、お金の管理を自分で行わず他人にお願いしたり、クレジットカードを破棄してもたないようにすることや完済したカードローンの契約を破棄してしまうこも重要です。また、病院で治療してもらうことも可能です。

節約の方法

節約は工夫次第でいくらでも可能です。例えば、趣味にお金を使いすぎているようならば趣味は借金地獄から抜け出すまではお預けです。部屋のスタイルや生活スタイルを変えるだけで光熱費も一気に下がってくることもあります。このような節約をするためにも何にどのくらいお金を使っているのかは家計簿をしっかりつけることで把握しておきたいところでしょう。

カードローンの繰り上げ返済やおまとめを検討する

カードローンであれば繰り上げ返済をするのも重要です。例えば、ボーナスが入った際などに繰り上げ返済をしてみましょう。可能であればもっともよいのは一括返済ですが、可能な限りまとめて返済すれば利息負担も最小に抑えられます。

また、多重債務に陥っている場合には返済の負担をなくすためにもおまとめローンを利用してみるのも良いでしょう。

とにかく収入を増やす努力も必要

「収入を増やす」ことはカードローン地獄から抜け出す根本的な解決策でもあります。

収入を増やしていけばより元金も返していけるようになり借金返済スピードも上がりますますが、もっとも難しい方法でもあります。

実際に収入を増やす方法は色々とありますが、定業についているのであれば残業をしてみるのが最も簡単でしょう。資格をとることで資格手当がもらえることもあります。もしも副業が禁止されていても工夫すれば何かと収入を増やす方法はあるものです。

他に、アルバイトができる職場であれば積極的にアルバイトや副業してみましょう。仕事帰りにちょっと宅配の仕事をするのも良いですし、休日の時間を使うのも良いでしょう。無理をしすぎて体を壊すのも逆効果ですから、自分にできる範囲でしていきたいところ。

しかし、「時間ギリギリまで働いている」といったような場合もあるかもしれません。こうした場合には収入を増やすのも決して簡単なことではないですが、それでも努力はしていきたいところです。

債務整理

節約する、収入を増やすといった小手先の対策ではどうにもならないくらい借金まみれになっている場合、カードローンの借金は債務整理をするのがおすすめです。

債務整理をすれば大幅に借金額を減らしてもらうこともできて返済も大いに楽になります。

債務整理にも、任意整理、個人再生、自己破産があり、どれを選べばよいかは人によっても変わりますが、仕事をしており借金額も少ないようであれば任意整理で事足りるでしょう。

仕事もなく借金額も高額な場合には自己破産をすれば借金が帳消しになりますが、その分だけ自分の財産を失うというデメリットもあります。

場合によっては債務整理せずとも通常の方法で解決可能なこともありますが、いずれにしても債務整理という選択肢があることは知っておくと良いでしょう。

助けて・・借金地獄から抜け出す方法TOP

-借金地獄・借金まみれになる原因

Copyright© 【助けて・・借金地獄から抜け出す方法】借金まみれから天国へ生還 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.