スマホで減額診断したら・・借金の無い生活に戻れました。

(無料)あなたの借金が無くなるか1分でコッソリ診断

※匿名利用可・まわりにバレずコッソリ利用できます。

格差が激しすぎる?コンビニオーナーが借金地獄で苦しむ理由

更新日:

コンビニオーナーが実は借金地獄に陥りやすいことはあまり知られていません。コンビニオーナーは決して気楽な仕事というわけではなく、かなり激務なこともポイントでしょう。ここではそんなコンビニオーナーが借金地獄に陥ってしまうメカニズムについて詳しく紹介していきます。

[toc]

コンビニオーナーの多くは初期費用で本部に借金をする

コンビニオーナーの多くが借金に悩んでいるものですが、そもそもコンビニオーナーになるためには借金をしないといけないこともあります。フランチャイズに加盟してコンビニオーナーになる際に初期費用が発生しますが、初期費用は300万円以上にも及ぶことも。初期費用には指導料や研修費、コンビニ開業費、店内設備費などが含まれますが、こうした初期費用を借金せずに何とかできる人はかなり少数派です。むしろ初期費用を自分でまかなえるような人はフランチャイズ加盟店のコンビニオーナーにならないといっても過言ではありません。
このようにコンビニオーナーとしてスタートするためには数百万円以上もの借金をすることとなりますが、借金の返済は後述するような理由でうまくいかないことも少なくないのです。

本部とのフランチャイズ契約条件がオーナに不利

フランチャイズ式のコンビニは基本的に本部が儲かるようにシステムが組まれています。基本的にコンビニオーナーがいくら働いても利益の多くは本部に吸い上げられてしまいますから、コンビニオーナーになってもいつまでたても借金を返せるだけのお金が貯まらないこともあるのです。事あるごとに高い研修費を払って研修を受けないといけないなんてこともあります。このため、コンビニオーナーになる際には本部との契約条件をしっかりと分析しておかないといけないのです。

毎日売上金を本部へ送金するので手元にお金が残らない

フランチャイズ式のコンビニだと基本的に売上はすべて本部に送金することとなります。コンビニによっては毎日売上金を送金しないといけないなんてこともあります。このため、手元には一切お金が残らないのが難点でしょう。本部からは定期的に送金もありますが、基本的に本部に送金した額よりも大幅に低い額です。これは手数料や加盟店料、仕入れ代などが引かれているためですが、「生活していくのがやっと」程度の額しか送金してもらえないことも。これでは借金を返そうと思ってもどうすることもできないでしょう。

本部への上納金が高すぎる

コンビニオーナは定期的に上納金を本部に納入しないといけません。上納金の納入はコンビニの経営状態に優先するなんてこともあり、コンビニが赤字でも上納金を送金しないといけないことも。上納金の支払いが遅れることで契約解除されるといった危険性もあります。上納金の額はコンビニフランチャイズによって様々ですが、基本的にコンビニオーナーの手元にお金が全く残らないようにうまく上納金額も組まれているものです。これもコンビニオーナーが借金苦にあえぐ理由の一つになっています。

何故か契約が更新されないこともある

コンビニオーナーの多くが定期契約で働いています。このため、一定期間ごとに契約更新をしなければいけないのですが、契約は必ずしも更新されるとは限りません。例えば、コンビニの営業が不振であったり、客足が増えないようであると、契約更新もしてもらえないことがあるのです。つまり無職になってしまうワケですが、収入がないのに借金を返済していけるワケもありません。これもコンビニオーナーが借金に悩むことが多い理由になっています。

キャンペーンでノルマクリアできなければ自腹購入

コンビニは常に何らかのキャンペーンを行っています。例えば、「おにぎり100円キャンペーン」などがその典型でしょう。こうしたキャンペーンは消費者にとっては便利なものですが、キャンペーンはコンビニオーナーにとっては負担が重いものでもあります。キャンペーンが成功してもそこまで売上が伸びるというワケでもありませんし、もしもキャンペーンが失敗すると売れ残り品をコンビニオーナが自腹購入しなければいけないこともあります。キャンペーンはやりたくなくとも加盟店から強制的にやらされるなんてことも。こうしたキャンペーンリスクもコンビニオーナーになるのであれば理解しておきたいところです。

万引き被害や廃棄の弁当が多すぎる

コンビニは万引きの被害が多いことも見逃せません。コンビニの万引き被害は年間数十億円にも及ぶと言われているほど。他にも、弁当なども売れ残ったものは廃棄しないといけません。それだけ本来は得られるはずであった収入を失うことにもなってきますが、こうした経営の難しさもコンビニにはあるのです。

バイトの人が集まらない、家族が無料で長時間労働

コンビニも地域によっては人手不足の状態が続いていますが、バイトの募集広告費用は高額ですし、バイトの人が集まらないとコンビニを稼働していくこともできません。とはいえ、店を閉めることもできませんから、基本的にバイトが少ない際にはコンビニオーナーが無理をしてでも働いていくこととなります。とはいえ、こうした無理はいつまでも続くものではありません。いつかは体を壊してしまうことになりますが、そうなった際には借金を返していくのはほとんど不可能になります。他に、コンビニオーナーの家族がシフトに出るなんてこともありますが、基本的に無料で長時間労働をすることとなります。

閉店すると損害賠償で更に借金地獄

コンビニの競争は地域によってはかなり激しいものがあります。例えば、近隣にコンビニが出店したことで客足が伸びて閉店しないといけないこともあります。他に、体を壊してしまったコンビニオーナーを辞めないといけないことも。契約を解除されるといったこともありますが、コンビニオーナーの苦境は閉店で終わるわけではありません。例えコンビニオーナーを辞めてもそれまでに貯めた借金は返していかないといけません。加えて、経営不振のために本部から訴えられることもあります。実際、本部から訴えられて訴訟問題に発展したというケースはかなりコンビニオーナーの間でも珍しいことではありません。損害賠償が発生すれば更に借金も増えて借金地獄にますます陥ることにもなります。このようにコンビニオーナーはかなり大変な仕事ですから、なる際には気をつけておきたいところなのです。

助けて・・借金地獄から抜け出す方法TOP

-借金地獄・借金まみれになる原因

Copyright© 【助けて・・借金地獄から抜け出す方法】借金まみれから天国へ生還 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.