スマホで減額診断したら・・借金の無い生活に戻れました。

(無料)あなたの借金が無くなるか1分でコッソリ診断

※匿名利用可・まわりにバレずコッソリ利用できます。

【背筋が凍る】35年の住宅ローン抱えて借金地獄に陥ると・・

更新日:

マイホームを購入する際には住宅ローンを組むのが当たり前になっていますが、計画の甘さで借金地獄に陥る人が多いのも事実です。

仮に仕事を失えばそれだけで住宅ローンが返せなくなることにもなりかねません。そんな住宅ローンのリスクや住宅ローンが返せなくなって借金地獄に陥った際の解決策について紹介していきましょう。

[toc]

住宅ローンを契約して住宅を購入するリスク

数千万円もするような住宅を現金で購入できる人は限られているため、通常は住宅を購入する場合には住宅ローンを利用するのが基本です。しかし、住宅ローンを借りると数千万円単位の高額な借金を背負うことになるのは忘れてはいけません。

通常は数十年をかけて返していくこととなりますが、人生何があるかわかりません。病気にかかって働けなくなることもありますし、会社が倒産することもあります。このような事態に陥った際には住宅ローンの返済も重荷になり借金地獄に陥りかねません。

住宅ローンを借りる際にはこうしたリスクが有ることは理解しておき、「借金をしている」という感覚も希薄になりがちなことも気をつけておきたいところでしょう。

頭金無しで住宅ローンを組むのはリスクが高い

住宅ローンによっては全く頭金がいらないものもあります。こうした住宅ローンは余計な費用がかからなくて魅力的ですが、それだけ金利が高くなる傾向にあるのです。結果として、支払総額はより高くなりかねません。加えて、頭金がない=返済期間が伸びるということもリスクの一つです。

予想困難な変動金利のリスクを知っておく

住宅ローン契約時には変動金利もしくは固定金利のどちらかを選んでいくこととなります。この際、変動金利はよりリスクも高いことは知っておきましょう。例えば、将来的に金利が大幅に上がれば返済も大いに困難になります。金利は経済情勢などに大いに左右されますが、こうした金利動向は完全に予想するのは不可能でもあります。そのため、もしもリスクを低くしたい場合には固定金利のほうがおすすめです。

収入が増えない・減ってしまうリスク

住宅ローン契約時には長期的な視野に立って物事を考える事が欠かせません。しかし、住宅ローン契約時に思い描いていたように収入が増えないなんてこともあるものです。こうした場合には住宅ローンの返済に困らされることにもなります。収入が増えなくとも住宅ローンはもちろん支払っていかないといけませんが、こうした収入リスクも理解しておきたいところでしょう。

住宅ローンを組む前に知っておきたい基礎知識

住宅は人生で一番高い買い物と言われますが、だからこそ住宅ローンの契約も注意深くしないといけません。ここでは住宅ローンを組む前に知っておきたいポイントについてまとめましたから住宅ローンをこれから組む場合には参考にしてみてください。

住宅ローンは年収の何倍くらいが適切?

これは意見が分かれますが、一般的には住宅ローンで借りる総額は「年収の5倍以下」に留めるのが良いとされています。例えば、年収500万円の場合には住宅ローン総額も2500万円以上になることは避けておきましょう。借りる額をこのように低くすることで返済もしやすくなりますし、金利も有利に設定されることがあります。他に、返済負担比率の問題もあります。無理なく返済するためには25%以下が良いとされていますが、返済負担比率もあまりにも高いと借金が返せなくなることにもなりかねないので気をつけましょう。

住宅ローン以外の出費も計画に入れる

住宅ローン契約時には出費もそこまでなくて「高額を借りても返せるだろう」と思ってしまう人も多いものです。しかし、子供も増えれば教育ローンなどの出費も増えてきます。他にも、生命保険などのように長期的に支払いが必要になるモノは多いものです。このため、住宅ローンを契約する際には長期的な視野に立って考えないといけません。

住宅ローンを契約する際には銀行選びも大事です。借りる銀行によって金利もかなり違うだけでなく手数料などもかなり変わってきます。
住宅ローンを借りることで必要以上に高額の家を建ててしまうなんてこともあります。こうした住宅ローンならではの問題点も理解しておきたいところ。
また、抵当権の問題もあります。もしも住宅ローンが返せなくなった場合には住宅はどうなるのかといったことも含めてチェックしておくと良いでしょう。

住宅ローンを返済出来なくなったら

もしも住宅ローンが返せなくなった場合にはどうすればよいのでしょうか。住宅ローンは額が多だけに対処も難しいものです。しかし、借り換えなどのように方法はいくつもあります。ここではそんな債務整理に役立つ方法について詳しく見ていきましょう。

住宅ローンの借り換えなども検討してみる

住宅ローンも借り換えが可能です。借り換えをすることでより金利の低い住宅ローンに切り替えることもできます。住宅ローンの借り換えは手数料もかかりますが、長期的に見れば大きく支払総額が変わることもあります。他に知人に住宅ローンを肩代わりしてもらうリースバックなどの方法もあります。このように選択肢は多いですから、まずは専門家に相談してみると良いでしょう。

ファイナンシャルプランナー・アドバイザーに相談してみる

住宅ローンが返せなくてこまったら専門家に話を聞いてみるのも良いでしょう。例えば、ファイナンシャルプランナーなどがこうした問題の専門家です。専門家に相談してみることで解決策を教えてくれることもありますし、相談するだけで精神的にも楽になるものです。相談して支出入を分析してもらった結果、工夫すればなんとかやりくりしていけることが発覚することもあります。「債務整理しか方法はない」と考えていても専門家に相談すれば他の道が開けることもありますから、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

債務整理方法は様々

債務整理をするという方法もあります。債務整理をすれば借金総額が減ることもありますし、金利額を下げてもらえることもあります。特に債務整理としては任意整理をまずは検討してもらいたいところです。債権者も借金を踏み倒されるよりもなんとか自力で返してもらいたいと考えているものですから、返済条件を甘くしてくれることもあります。とはいえ、債権者によっては全く話し合いに応じてこないこともありますから、こうした場合には個人再生などを検討しておきましょう。
個人再生をすれば債務額を大幅に減額してもらうことができます。減額後、通常は3年で完済を図っていくこととなりますが、住宅ローンで悩んでいる場合にも個人再生は利用可能です。特に個人再生には住宅ローン特則と呼ばれる制度があり、債務整理しても住宅を失わないで済むことがあるのが利点でしょう。しかし、個人再生は基本的に安定収入がないと利用できません。

任意売却で借金解決

住宅ローンが返せないと最終的には住宅が取り上げられて競売にかけられることとなります。こうなる前に債権者と相談して任意売却をすることも可能です。任意売却は競売と違って自分で住宅を売り払っていくことができます。競売では引越し時期なども選べませんが、任意売却では自宅を売り払った後に引っ越し日も選べるだけでなく引越し費用も浮いてきます。何よりも任意売却をして家を売ることで競売のように買い叩かれることもなく市場価格で売れることも利点でしょう。このように任意売却は利点が多いですから、住宅ローンでどうにもならなくなったら有効活用しておきたいところです。

どうにもならなくなったら自己破産

個人再生は安定した収入がある人でないと利用できません。そのため、仕事を失ってしまった場合には自己破産を最終的に選択することとなります。自己破産をすることで住宅ローンも完全に帳消しにすることができますが、その反面で「信用情報機関に登録される」「20万円以上の価値がある資産は没収される」というデメリットもあります。住宅も失うこととなりますから、住む先もあたらしく探さないといけません。とはいえ、借金を全く支払わないで済むようになる自己破産は便利なものです。もしもどうにもならなくなったら自己破産を選択してみるのも良いでしょう。

助けて・・借金地獄から抜け出す方法TOP

-借金地獄・借金まみれになる原因

Copyright© 【助けて・・借金地獄から抜け出す方法】借金まみれから天国へ生還 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.