スマホで減額診断したら・・借金の無い生活に戻れました。

(無料)あなたの借金が無くなるか1分でコッソリ診断

※匿名利用可・まわりにバレずコッソリ利用できます。

税制優遇のハズなのに・・借金地獄の農家が多い7つの理由

更新日:

農家借金地獄

借金地獄に陥り苦しんでいる農家は少なくありません。農家は実に不安定な仕事であり、天候だけでなく作物の価格にも大いに影響されます。農家が農業を続けていけなくなる原因のトップがこの借金であることもポイント。ここではそんな農家が借金まみれになる理由を詳しく見ていきましょう。

[toc]

理由1 台風・冷夏・猛暑など天候・災害による不作

農家は天候や災害による不作で借金地獄に陥ることがあります。

いくら農耕技術が発展しても天候による影響から逃れることはできず、農業は台風や冷夏・猛暑などに大いに影響を受けるものですが、これにより不作になってしまうこともあります。

農家の収入は基本的に作物収穫だけですから、天候によって不作になると収入が途絶えてしまうということもあり、借金を抱えてしまうのです。

借金をして翌年度に豊作となればよいですが、通常通りの収穫であればマイナスを補うことができないため、借金の返済が長期化します。

また、完済できないうちに不作となると、新たに借金をすることができないこともあり、これが農家が借金地獄に陥ってしまうメカニズムなのです。

理由2 健康を害したら働けない

身体が資本である農家が病気や怪我で働けなくなり、借金を抱えてしまうこともあります。

農家は一年のうちでゆっくりできる期間が少なく、だからこそ健康リスクも軽視できないところなのです。

もしも体を壊してしまったり健康を害してしまうとそれだけで収穫にも大いに影響を与えてしまいます。

作物は決まった期間内に収穫して出荷しないといけないですが、収穫期に体を壊すとそれだけで一年の稼ぎが台無しになることもあります。

理由3 作物価格の暴落

作物価格が暴落して資金繰りのために借金を抱えることもあります。

作物価格は年度によって変わります。年によっては作物買取価格が農家に有利になることもあれば、豊作などのために作物買い取り価格が暴落することもあり、思うように収入が得られないこともあるのです。

作物買取価格は景気にも左右されますが、このように不安要素が多いことは農家の難点の一つです。

理由4 高額な農業機械や車の買い換え費用

鋼業に使用する必要な機会やトラックなどの買い換え費用も高額なことが多く、借金をして購入することになります。

農業はお金のかかる事業でもあります。昔は完全に人力で耕作していくことも可能でしたが、最近ではトラクターや耕作機などの機械類がないとまともに農業はできなくなっています。

必ず購入しておきたいトラクターにしても決して安いものではありません。一台百万円以上は軽くかかってきますし、メンテナンス代も必要となってきます。他に、作物によっては脱穀機が必要となるといったように特別な機械類も求められてきます。

こうしたトラクターなどの機械類をすべて揃えると軽く数百万円以上も費用がかかってきます。

この費用を現金で賄えるような農家は少数派ですから、やはり借金をしなければいけなくなるのです。

借金は数年単位で支払っていくこととなりますが、もしも上記で紹介したような価格の暴落や天候不順などのトラブルに巻き込まれるとそれだけで借金地獄に陥ることにもなります。

理由5 農協とのつきあいで借金まみれになる場合も

農協も実は農家が経済苦に陥る大きな原因の1つで、場合によっては農協のために農家が借金地獄に陥ることもあるのです。

基本的に農家は農協よりも立場が弱いのですが、このためにしたくない借金をしてしまうなんてこともあります。

例えば、農協によっては強引に農家に借金をさせて新たな作物を育てさせようとすることもあります。

農協との付き合いは農家としての成功にも大いに関わってきますが、農協との付き合いでトラクターや農耕機などの機械類を買わないといけない羽目になる場合もあるのです。

このように農家が借金をしてしまうのは農協が関係していることも知っておくと農家の借金問題もより理解しやすくなってきます。

農協は本来は農家を助けるためにあるはずですが、実は農家の経営を阻害しているという側面も場合によってはあるのです。

理由6 初期費用が高額

小規模農家として始めるためには初期コストが高額で、借金で始める農家が殆どです。

大規模農家であれば他の農場などから機材も借りてこれますが、小規模農家だとすべて自前で備えないといけません。

他にも、大規模農家であればいろいろな作物を育てており、作物が一つ失敗しても他の作物で収入を保管できます。

しかし、小規模農家だと育てている作物数も少なく、それだけ天候などの影響も受けやすくなっているのです。

理由7 小規模農家の経営実態

農家にも大規模農家と小規模農家があり、日本では小規模農家が圧倒的に多いのですが小規模農家は経営実態にも問題があることも知られています。

大規模農家はよりビジネスライクに予算を確保して農業をするものですが、小規模農家だとあまりファイナンスなどについて理解していないところが多いのもポイントです。それだけ不必要に借金を借りすぎてしまうといった失敗も小規模農家だと起こしやすいのです。

小規模農家によっては収入が安定しないために出稼ぎに出る人もいるほどです。総合していうと、小規模農家はより借金地獄に陥りやすいのです。

このような小規模農家の実情はこれから農業を始める場合には理解しておきたいところでしょう。

農家は税制優遇という特権もある

紹介したように農業は経済的に考えてかなり大変な職業です。このため、「農家は大変」「農業は割にあわない」といった感慨を抱いた人も多いのではないのでしょうか。とはいえ、農家ならではの特権も幾つかあることは知っておきましょう。例えば、固定資産税なども農家は優遇されています。

土地を農地として登録しておけば納税額を少なくできるのです。このような税制的な優遇があるために休耕地が広がっているという問題もあります。

いずれにしても農家ならではの特権があることも知っておきたいところです。

うまく経営をすれば借金をしないで経営をしていくことも可能ですから、結局は農家として成功するかどうかは個人個人の働きにかかってくるといっても過言ではありません。

助けて・・借金地獄から抜け出す方法

-借金地獄・借金まみれになる原因

Copyright© 【助けて・・借金地獄から抜け出す方法】借金まみれから天国へ生還 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.